団体信用生命保険について知っておこう

マイホームの購入を計画している人にとって重要な存在だと考えられているのが団体信用生命保険で、これに加入していると借り手に万が一の事態が発生してしまっても、残された家族に返済の負担が重くのしかかる心配がなくなります。ただ団体信用生命保険は誰もが無条件で加入できるわけではなく、加入時には本人の病歴や健康状態などに関する一定の審査を受ける必要があるので、通常若いほど有利だといわれています。

団体信用生命保険に馴染みのないという方はどのような特徴を持っているのか、詳しく知らないという方は少なくありません。団体信用生命保険は住宅ローンに特化した生命保険であり、住宅ローンの返済中に高度障害状態や死亡してしまった際に本人に代わり、保険会社が残金を支払ってくれる仕組みとなります。この生命保険に入っていないと、一家の大黒柱が万が一のことが発生した際に残りの家族がローンを返済し続ける必要があり、最悪の場合は家を手放さなければならない状況に陥る可能性があります。

こういった背景から金融機関で住宅ローンを組む際の審査条件の一つに、原則として団体信用生命保険への加入が必須になっています。そのため住宅ローンの活用を機に既存の保険契約を見直すことで節約につながるメリットが挙げられます。すでに生命保険に加入しているという場合は、団体信用生命保険に一本化してしまうことで保険料の低減が可能になることが多いです。

付加することができる特約の組み合わせによっては医療保険などを整理することが可能なので、トータルとしての支払い保険料が安くなるだけでなく、保証内容の一層の充実を図ることも可能など、住宅ローンの活用を機に保険契約を見直すことは一石二鳥だと考えられています。

このように住宅ローンの活用を希望する場合において、団体信用生命保険への加入がほぼ必須の要件といえ、加入することによって家族に負担をかける心配がなくなりますが、健康状態や病歴に関する一定の審査が必要なので若いうちにマイホーム購入を計画するほど、返済の負担を軽くなり、色々なリスク回避に繋げることができます。

マイホームの取得は将来の人生設計の確かな基盤となるので、家族全員の安心に繋がり、多くの方は住宅ローンを利用する際に団体信用生命保険に加入しています。マイホームの計画がある方や生命保険の見直しを検討している方は、一度団体信用生命保険の特徴を知り、入ることで得られるメリットをしっかり把握しておくようにしましょう。

おすすめ記事