ローコスト住宅のデメリットを知ろう

ローコスト住宅について調べる男性ローコスト住宅は資材の大量仕入れや、各ハウスメーカーによる規格住宅であることや、広告宣伝費の削減を行い不要な部分のみをコストカットすることで実現することが可能となっています。そのため資材の品質や技術力などは一切落とさずに、安く品質の高い住宅を建てられるとして人気が高くなってきていますが、実際にローコスト住宅を検討している場合は住宅を建てる際の注意点や、デメリットの部分をしっかり把握しておくことが重要です。

ローコスト住宅でのデメリットで、住宅の間取りなどに迷ってしまうという人にとって、予め用意されている規格住宅にはスムーズに工事を進める事ができるなどメリットがありますが、規格住宅は間取りが決まってしまっているので、部屋の位置の入れ替えを行える可能性はありますが柱の位置が決まってしまっているために大幅な変更を行うことはできません。

そのため将来的にリフォームをすることを考えているなら、初めに十分な検討をする必要があります。ただ規格住宅の多くは複雑な間取りではなく、シンプルで一般的に使いやすい設計になっていることが大半なので、介護のためのリフォームを将来的に検討している人は、平屋のローコスト住宅を探すといった方法もあります。あえて最初から廊下をなくしたマンションのような作りを意識することで、各部屋の動線も短く便利となります。

またローコスト住宅の特徴の一つに和室がないことが多いことが挙げられます。これは畳や障子といった和室に必要な要素はお金がかかりやすい特徴をもっているので、基本的にローコスト住宅では和室はないことを理解しておく必要があります。ただハウスメーカーによってはオプションで設置することができる可能性があり、置き畳を敷くという方法などもあるので、まずはメーカーへの相談を行うことをおすすめします。

ローコスト住宅に使用される断熱材にはグラスウールの材料がありますが、材料次第によっては家の性能が大きく変化するので光熱費が高くつく可能性があり、安い施工材料を使用している場合は経年劣化が速く、メンテナンスを一般住宅に比べ、早く行わなければならないこともあるため、ランニングコストが高くつくことや、耐久性や耐震性が低いといったデメリットが考えられます。そのことから使用される施工材料の特徴などをしっかりチェックしておくと、将来的にメンテナンスの頻度が高くなるのか判断がしやすくなります。

他には各ハウスメーカーの価格の比較で1番安いメーカーによくある落とし穴の一つがアフターサービスで、通常は20年から60年の保証期間があるのに対して安いハウスメーカーは約10年と非常に短い場合があります。

おすすめ記事